ルワンダ入国及び日本入国に関するお知らせ

2021/12/27

ルワンダ入国に関するお知らせ(2022年6月12日更新)

 2022年6月12日以降、ルワンダに入国する際には、ワクチン接種完了の有無を問わず、出発72時間前以内に受検したPCR検査または抗原迅速検査(抗原定性検査)での陰性証明書の取得が必要となります。同検査であれば、検体は問われていません。ただし5歳未満の子供ついては検査不要。なお、ルワンダ到着時の空港での追加の検査はございません。

 国立公園への訪問を予定されている方はRwanda Biomedical Centreが公表している措置をご確認ください。
※Passenger Locator Formの提出は不要となりました。

 なお、2022年6月20日~25日の期間で開催されるコモンウェルス首脳会議にご出席される方については入国措置が異なりますので、こちらの資料をご確認ください。


【参考情報】
ルワンダ国内の新型コロナウイルス感染症対策のお知らせ

 
 

日本入国に関するお知らせ

【重要】日本入国にかかる所定の様式での陰性証明書の取得について
※検査証明書の様式については特に指定はなく、任意のフォーマットでご用意いただけますが、当地で発行される統一の様式には、必須項目である 「採取検体」 の記載がありません。そのため、検査結果受領後、Rwanda Biomedical Centre(RBC) にて所定の様式への転記を依頼する必要があります
※結果判明までにかかる時間は混雑具合によって変動しますので、ご出発の2日前までには受検いただけますようお願いいたします。

日本入国時の検疫措置(厚生労働省)

【参考情報】
日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ(外務省海外安全HP)
運転免許関係手続等における新型コロナウイルス感染症への対応について(警察庁ホームページ)