日本留学フェアの開催(2018年2月16日)

2018/2/20
宮下大使の挨拶
満員となった会場
 2018年2月16日,キガリ市内にあるルワンダ大学(University of Rwanda)のキャンパスにおいて,日本留学をPRする「Rwanda-Japan Academic & Student Echange Fair 2018」が開催されました。この日本留学フェアは,北海道大学とルワンダ大学の共催によるもので,ルワンダ大学の学生を中心に500人以上が詰めかけ,大盛況となりました。
 同留学フェアには,北海道大学と神戸情報大学院大学の担当者が出席して大学紹介を行ったのに加え,5つの大学が日本からオンラインで大学紹介を行いました。日本大使館からは,国費留学制度について説明したほか,各種奨学金プログラムについての資料や各大学の紹介パンフレット等が参加者に配布されました。
 主賓として出席した宮下大使は,「日本は,1949年以来26人のノーベル賞受賞者を輩出しているように,学術研究のレベルも高く,大学がその拠点としての役割を果たしてきた。世界最高のホスピタリティを提供する日本という国で学び,将来大きなチャンスを手にしてほしい」と述べ,ルワンダ人学生らに日本留学の魅力を紹介しました。